教室行事・ステージ出演について

 「ぴあのすく~るSan's」では、外部公開の演奏会を年1回行っています。


 「演奏を聴いてもらえる喜び・そのために演奏する喜び」
   大勢の人の前で演奏するのは、自室での自由な演奏と違い緊張感も伴います。習い事の発表でも全くひとりで行うものは限られており、初歩からひとりで舞台に立って発表するという経験はなかなか貴重なものです。

 自分のためだけでなく、来てくれたお客様のために心を込めて演奏する。それを大事にしています。

 ピアノコースでは「子どもクラス」在籍者は原則全員参加必須。大人クラスの方もやる気のある方は出来るだけ参加していただくという流れになっています。
 保育教職コースの特に学生クラスの方は、学校の試験や採用試験、現場に出てから戸惑わないよう、参加必須をお願いしています。

 ※入会まもない方(半年未満の導入時期の方)、転入の方で日が浅い・前の教室で行事に出たことがなく不安な場合などは行事見学を推奨しています。

 

教室コンサートを開催

1年に1回、ホールや音楽スタジオで外部公開の「教室コンサート」を開催しています。
 自宅やレッスン室とは違う豊かな響きの会場、ピアノで演奏する機会を持つことはピアノを習う上で大切なことの1つです。
 教室のカラーである「アットホームな温かい雰囲気」のステージは、外部のお客様にも好評です。
ひとりで弾くだけでなく連弾、アンサンブルなどで学年を超えた交流もしています。


アンサンブルも大切

ピアノは「ひとりで演奏する楽器」というイメージが強いですが、実は伴奏や他の楽器とのアンサンブルでも重要な役目をになっています。

 普段のレッスンや、教室コンサートなどで連弾、アンサンブルも取り入れ「音を聴くことの大切さ」を体感してもらい、ソロ演奏につなげるようにしています。


年間最低2回「人前で発表」する場を

 最初は人数が少なく、発表会をする代わりに半年ごとの発表の場「勉強会」を開催していました。
 勉強会企画は2016年度で一旦終了いたしました。

<クラスコンサート開催>

  2018年7月1日(日)
    名古屋市西区のスタジオリリタにてクラスコンサートを開催します。
(外部非公開のため、観覧は入会を考えている方のみ、事前申し込み若干名です)
 
 人に聞いてもらうために仕上げる場合、普段のレッスンでの仕上げよりも念入りに仕上げる必要があります。また発表当日まで期限を決めて取り組むことで、計画を立てることや目標達成のための方法を考えるなどプラス面が大きいです。


継続を、形に

 「ぴあのすく~るSan's」では、教室行事や外部コンクール・コンサートに出演するたびに1ポイントの「行事ポイント」がもらえます。
 5回ごとに表彰を行っています。

 

外部での演奏も応援

 ピティナピアノステップ参加を推奨しています。

また、全国生涯学習音楽指導員協議会愛知支部のコンサートにも生徒さんが出演しています。

その他コンクールなどへの参加希望の方も承ります。

特別企画&グループレッスン

【開催実績】

2016年12月18日(日) 大竹道哉先生公開レッスン

年2回、「こどもこーすぐるーぷれっすん」を行っています。

  4月1日(日) 合同保護者会(ピティナピアノステップ説明会)