指導者紹介

 

中塚 三貴子 (なかつか さきこ)
 名古屋芸術大学音楽学部 器楽科ピアノ専攻卒。
 元カワイ音楽教室講師
 全日本ピアノ指導者協会(PTNA)名古屋支部指導者会員
 生涯学習音楽指導員A級(2017年認定)
 全国生涯学習音楽指導員協議会愛知支部 正会員
   塾講師、予備校勤務などを経て開業


ピアノとマンドリンのアンサンブル「らび♪ぱん」メンバー。


 ピアノ指導の他、自主コンサート企画・実施、保育ピアノのセミナー講師、セミナーサポートなどをしています。
  
 

指導歴30年になります。
 勉強が大好きでピアノを弾かない時は本ばかり読んでいた、それでいてお花や動物の好きな、マイペースでインドアな女の子でした。
 
 学び続け、自ら演奏し続ける指導者であり続けようと決心したのは、指導を始めてから20年近く経ってからでした。
 学生時代は教員志望。でも現実を知り、自分は集団指導ではなく、個別に生徒と接する個人指導の方が向いているのでは、と考えました。
 自分より上手い人がいるという劣等感もあり、人前での演奏が怖くなって避けていた時期もあります。
 勉強が出来て真面目で優等生だった学生時代、就活がうまくいかず中途採用の落ちこぼれ講師だった20代の頃、廃業寸前崖っぷちな30代前半。決して「優等生」なだけではなかったからこそ、できなくて悩んでいる人の気持ちを支えることができるのでは、と考えています。


「先生は、ピアニスト」
指導9:演奏1の割合で活動しております。音楽を聴くことが身近なものになれば、と思っています。


「無謀と決断と、人のご縁」
  理想だけが高く、空回りしていた新人指導者の頃。家庭の事情で指導者としてのキャリアを抑えていたこともあります。

 一度は諦めかけた「教室開業への夢」。

 見切り発車で始めた「ぴあのすく~るSan's」が開講10年を過ぎました。

 人生のそのときどきでの決断と、多くの方との「出会いのご縁」に恵まれていることに感謝です。

 

 「面倒見のよい、さきこ先生」
  自分も多くの方に助けていただいたからこそ、困っている方がいたら「ほうっておけない」
 生徒さんに対しては、教室を去る最後の瞬間まで責任と愛情を持ってお世話させていただきます。
 音楽指導者の方とともに学ぶためにセミナーの開催や運営などをしています。

 「近所の同業者は敵」そんな考え、捨てませんか?
 一人より、ふたり。10人集まれば大きな力になる。地域で元気なピアノ教室が増えたら、楽しいと思います。
 「心が折れかけた子を立ち直らせた経験から・・・」
 音楽教室講師になって最初に担当した子が、ピアノをやめそうな子でした。

 聞くと、「先生が変わるたびにやり直し、自分は下手だからダメなんだと思っていた」とのこと。
 でも、そんなことなかったんです。小さなできることをみつけ、自信をつけた結果、ためらっていた発表会に自分から

 参加し、その後学校の勉強や受験の息抜きにピアノを上手に使える子になりました。

 転居などでの移動生徒さんの指導はおまかせください。

 

「2人姉妹の母です。親として指導者として多角的に物事を見る」

  専門学校生の長女は一度は保育者を目指しましたがつまづき、ピアノが「続かなかった」子です。
  現在中学生の次女は現在、マイペースにピアノを続けている子です。
  2人の娘の「先生」として、またお母さんとして、一方的ではなく多角的・多面的に子どもたちのことを見ようと心がけています。
  私も決して優等生なママではなく、娘たちも真面目ですが優等生とまではいきません。だからこそ、保護者様の気持ちに寄り添える、と感じています。


<わたしのすきなこと・もの>
 お花と猫とパンダと本が好きです。
 パンダ柄のハンカチやパンダグッズを集めています。
 食べることもお料理も好き。日帰り温泉や一人スタバで癒されています。
 名古屋大好き!地元のアイドルグループ、SKE48を応援しています。

 また、SKE48のメンバーである須田亜香里さんを全力で応援しています。