保育者への夢をかなえるお手伝い~保育教職コース

ピアノが弾けなくても資格は取れるけど

 「えっ、保育士さんってピアノ弾けなくてもなれるの?」

子どもコースの生徒のお母様からこんなふうに驚かれました。

現在、「保育士不足解消」に向けて、保育士試験では実技試験が選択制になっています。そのため、ピアノの弾き歌いをしなくても(弾き歌いの伴奏はピアノ以外も可能なので、音楽選択でもピアノを弾かないケースがあります)基準に達していれば資格を取ることができます。

 ただし、大学や短大、専門学校へ入学する際はそういうわけにはいきません。ピアノの課題ができなければ追試、再履修、単位不認定ということが起こります。

 また、「音楽」を選択せず、ピアノを弾くことなく保育士資格を取った方も、就職の際、どんなに希望しても

「ピアノの弾き歌いがある園」
を受けることはできません。
 そして、試験で実技がなくても「暗黙の了解」でピアノを弾けることを求められる職場では、たとえ採用されても苦労します。
 
生徒さんの「保育者への夢」を、全力で応援します。

基礎技術習得の他に、弾き歌いやコード奏などのレッスンもします。
 最初は自信がなかった生徒さん。少しずつ弾けるようになってきてピアノが楽しくなったそうです。


ピアノ演奏技術の基礎を身に付け、「音楽の好きな保育者」を育てます

「伴奏のじょうずな先生のクラスは、歌がうまくて好きな子が多い」

そんな話を聞きます。

本当だろうか、と思いましたが、どうも本当なようです。それは、先生が自信をもって「音楽って楽しいよ」と伝えられているから。その自信は「確かな演奏技術」からもたらされるものですが、演奏技術を身につけるには地道な練習が必要であり、ピアノが弾けるようになりたい、音楽が好きという気持ちに裏打ちされているのは、他のコースの方と変わらないのでは、と考えています。

 「保育教職コース」は、高校1年生以上、過去のピアノ経験は不問ですが、保育者を目指す方のコースです。
 保育科受験を考えている方、保育士試験を受験するが、ピアノ未経験の方、今の園からスキルアップ転園をしたい方など、ご相談ください。

 小学校教員を目指す方、男子学生さんも大歓迎!

 「ピアノが上手な男の先生」って、就職有利ですよ!!



現場に出てからもサポート~フレキシブルなレッスンプランのご提供~

与えられた課題をただ、こなすだけでよかった学生時代や、試験曲に特化して練習してきた保育士試験時代とは異なり、現場では様々な応用力が問われる場合があります。

 行事の曲は、長いもの、リズムや伴奏が複雑なものがあります。
 学生時代にやったことがない曲もたくさんでてきます。
 
 なにより、ピアノはどんなに弾ける方でも「準備不足」で失敗することがありますが、日々の業務や行事準備があり、自力でなんとかするのは限界があるもの。

「ぴあのすく~るSan's 保育教職コース」では、直前の単発レッスン、勤務に合わせた月2クラス、短期集中などのプランを用意しています。


【保育教職コース レッスンプラン】

週1クラス…固定曜日・時間帯に受講。 年間42回
        (月3~4回平均)
※学生の方は、原則このクラスです


月2クラス…固定曜日・時間帯 または月内で2回設定
        例:第二・第四月曜日 20:00~20:45 
           15日と28日 午前10:00~10:50 など

※学校の授業が変則的で毎週通えない方、単位を取得しているがレッスンがないため腕を落としたくない方などにおすすめです。


月1クラス…先生との相談で、月1回のレッスン日・時間帯を設定。

短期集中講座…4回集中で採用試験合格・保育士試験合格などを目指します。日程は先生と相談です。(短期講座はチャレンジレッスンの項目をご覧ください)

保育士資格をとって、お子さんを持ってパート保育士として勤務する生徒さん。
もともとピアノが弾けるようになりたいという希望で入会されている方で、歌も伴奏もレッスンを重ねるごとに安定してきました。