保育者への夢をかなえるお手伝い~保育教職コース

ピアノが弾けなくても資格は取れるけど

 「えっ、保育士さんってピアノ弾けなくてもなれるの?」

子どもコースの生徒のお母様からこんなふうに驚かれました。

現在、「保育士不足解消」に向けて、保育士試験では実技試験が選択制になっています。そのため、ピアノの弾き歌いをしなくても(弾き歌いの伴奏はピアノ以外も可能なので、音楽選択でもピアノを弾かないケースがあります)基準に達していれば資格を取ることができます。

 ただし、大学や短大、専門学校へ進学した場合は「音楽」(学校により名称は異なります)の単位取得が必須です。
 その際実技試験としてのピアノ演奏、歌、童謡の弾き歌いがあり、基準を満たしていない場合は単位が撮れないため単位不認定・再履修ということになります。
 
 保育園・幼稚園の採用の場合は面接のみという園もありますが、ピアノの弾き歌いができることが「暗黙の了解」で求められるということは少なくありません。

学生時代、学校の授業のみでこなしてきた方は基礎的な練習法や技術習得が不完全になっているケースがしばしばみられます。現場に出てからのスキルアップは大変ですが、改善したい方は月1~2回あるいは比較的時間に余裕がある時期に集中レッスンを受講されることで効果が上がります。


こんなことをレッスンします

・ピアノ演奏の基礎技術習得

・童謡弾きうたいの指導

・声の出し方、ピアノに座る姿勢などのチェック

・音楽理論

・コードの基礎理論と演習

既に入学されている方は、学校の課題演習も合わせて行います。
 
 
 

未経験者の課題は「楽譜の読み方」「基礎的な演奏技術」など広範囲にわたっています。
対して、子どもの頃に習ったことがある方の課題は習ったことを思い出せなかったり、練習習慣や技術が身につく前にやめてしまったなど他のコースの中断者と同じ傾向があります。
 ひとりひとりの生徒さんに向き合い、必要なことを都度チェックしながらレッスンを進めていきますのでご安心ください。


現場に出てからもサポート~フレキシブルなレッスンプランのご提供~

与えられた課題をただ、こなすだけでよかった学生時代や、試験曲に特化して練習してきた保育士試験時代とは異なり、現場では様々な応用力が問われる場合があります。

 行事の曲は、長いもの、リズムや伴奏が複雑なものがあります。
 学生時代にやったことがない曲もたくさんでてきます。
 
 なにより、ピアノはどんなに弾ける方でも「準備不足」で失敗することがありますが、日々の業務や行事準備があり、自力でなんとかするのは限界があるもの。

「ぴあのすく~るSan's 保育教職コース」では、直前の単発レッスン、勤務に合わせた月2クラス、短期集中などのプランを用意しています。


【保育教職コース レッスンプラン】

週1クラス…固定曜日・時間帯に受講。 年間42回
        (月3~4回平均)
※学生の方は、原則このクラスです


月2クラス…固定曜日・時間帯 または月内で2回設定
        例:第二・第四月曜日 20:00~20:45 
           15日と28日 午前10:00~10:50 など

※学校の授業が変則的で毎週通えない方、単位を取得しているがレッスンがないため腕を落としたくない方などにおすすめです。


月1クラス…先生との相談で、月1回のレッスン日・時間帯を設定。

短期集中講座…4回集中で採用試験合格・保育士試験合格などを目指します。日程は先生と相談です。(短期講座はチャレンジレッスンの項目をご覧ください)

保育士資格をとって、お子さんを持ってパート保育士として勤務する生徒さん。
もともとピアノが弾けるようになりたいという希望で入会されている方で、歌も伴奏もレッスンを重ねるごとに安定してきました。

【在籍生・卒業生実績】

<進学先>
 名古屋女子大学
 桜花学園大学
 名古屋短期大学
 名古屋柳城短期大学
 修文大学短期大学部
 名古屋芸術大学保育専門学校
 愛知学泉短期大学

<採用先>
  あま市公立保育士平成26~28年度
  稲沢市立保育園
  私立幼稚園・保育園

 平成26年度保育士試験満点合格者輩出

 保育士試験二次試験対策レッスン可能です。