ピアノコース こどもクラス

入会4歳半(年中児)以上、高校生まで。男の子も、女の子も、「音楽が好きで自分からピアノを習いたいと希望する子」大歓迎
 (年少さんのレッスンはご相談ください)

 

<ぴあのすく~るSan'sで「ピアノを習う」と?>
  ・楽譜の読み方、記号などの音楽の基礎知識がつく⇒ピアノ以外の楽器に移行・並行しても安心!音楽の成績アップにつながります

  ・「教養」としての楽器演奏経験⇒高校生になって急に保育・教員を希望するお子さんもいます。「小学生の時に無理矢理でも習わせて欲しかった」という声を聞き、教養としてピアノ演奏を経験しておく必要性を感じました


  ・演奏発表が年2回⇒1回目でうまくいかなくても、2回目でリベンジできるのは大きいとおもいます。また、人前での演奏経験が多い子は度胸があったり、本番までの練習スケジュールを考えるなど計画性が身に付きます。
 
  ・「聴く」ことを大切に⇒語学のリスニングにも役立ちます(音大はドイツ語や英語が必須です。また、聴く力がある子は英語のリスニングの成績もよいです)


 
                   
  引っ込み思案だった子が、授業で積極的に手を挙げるようになった、練習時間を工夫することで時間管理が以前よりできるようになったなどのご報告を、保護者様より頂いています。

 

 ※「こだわりが強い」「空間認識能力が人と異なる」などの特徴がある方、心理的なことでお悩みのある方は面談時などにお伝えください。
 必要に応じて、ご家庭の協力、介助をお願いする場合もございます。また、行事などでの他のお友達との関わりについてもご相談ください。

 

 ※保護者様付き添いは、出来るだけ入会から3ヶ月程度はお願いします。お子様のタイプにより早くから自立してレッスンを受けていける方もいます。

 

小学生スタートの子が多い教室!ピアノ男子も頑張ってます

 共働きのご両親が増えたことから、自分で通学できる小学生以上で入会される方が多い教室となりました。小3以降入会、他の教室から移動して伸びている生徒さんが多いのも特徴です。

 もちろん、幼児の方も大歓迎。小さなお子様は長い目で見てあげてくださいね。

 男子生徒は現在少数気鋭で頑張っています。

教本は複数持ち!オーダーメイドレッスンのための教材カスタマイズ

平均3~4冊の教本や曲集などを持ち、技術習得や表現力の強化をします。

ほかに読譜や音楽理論などを学ぶドリルも併用。

<使用教本一例>
 みんなのオルガン・ピアノの本
 トンプソン現代ピアノ教本
 ミクロコスモス
 ピアノの練習ABC
 アキピアノ教本
 ぴあのどりーむ
 アルフレッドピアノライブラリー
 わかーるピアノ

 

勉強・部活だけでない”自分”を持つことの大切さ

「小学校で終了ではもったいないですよね」

 保護者の方からの私の「中学以降どうしますか」の質問へのお答えです。

 感性の育つ思春期。また自分や将来のことに悩み、友人関係などストレスが溜まる時期でもあります。
 学校の先生でも親でもない大人が寄り添うことの意味がピアノレッスンにはあります。

部活で忙しくても・体調を崩しやすい子でも

事情で毎週通えないお子さんには月2・月1レッスンで対応しています。
 部活で長時間の練習ができないため月2、放課後サービスで療育を受けながら音楽にも触れるために月1などのご利用が可能です。

 
 詳しくはご相談ください

知ってるメロディに簡単伴奏つけちゃおう!

新しい曲はすぐに楽譜が出版されない、市販の楽譜は弾きづらい、さらっとかっこよく弾きたい・・・

そんな時、「コードネーム」を知っていたら簡単伴奏ですぐ弾けちゃいます。
2018年からはレッスンにコード奏も積極的に取り入れていきます。

ご家庭でのフォローのために~保護者ミーティング

子どもクラスは年三回程度の保護者ミーティング(面談)あり。
 家庭練習のことなどご相談ください。